BLOG

ブログ

2022.5.1
SEO

SEOライティングの作法を知れば、今すぐ「検索に強い文章」が書ける。

SEOライティングの作法を知れば、今すぐ「検索に強い文章」が書ける。

読む人の心を惹きつけるような質の高い文章を書くことは、プロのライターでも簡単ではありません。でも、どんなに魅力あふれる文章であっても、読んでくれる人がいなければ宝の持ち腐れです。紙からWebへと主要メディアが移行した現在では、読んでもらえるための工夫とテクニックが強く求められます。SEOライティングとは、検索に強い文章を書く技術と言えるでしょう。その作法について詳しく解説してみます。

■SEOライティングとその他のライティングの違いとは?

SEOライティングとセールスライティングの違い

SEOライティングの特徴を一言で表すと「検索に強いこと」です。検索エンジンで上位表示されやすいことを考えた文章構成が求められます。機械的に検索されやすくするのではなく、検索エンジンにもユーザーにも優しい文章であることが、現在のSEOライティングのセオリーです。よく似たライティングテクニックとして、セールスライティングが挙げられますが、両者の違いはその目的にあります。
セールスライティングは、ユーザーの購買アクションを起こさせるのが目的。コピーを読んだユーザーが、何か商品を購入したり、申し込みをしたりするなど、具体的なアクションにつなげるためのライティングテクニックと言えるでしょう。単なるイメージコピーとは違い、即効性が強く求められるコピーです。

SEOライティングとページライティングの違い

デジタルマーケティングで多用されるページライティングの1つに、ランディングページのライティングがあります。DMやメルマガから誘導したユーザーを想定し、ターゲットを絞った訴求を目的としている点がSEOライティングとの違いです。
一般的なWebページとは違って、ユーザーが他のページに離脱しないよう、強い訴求内容によって目的とするアクションに誘導することが求められます。商品やサービスを詳しく説明していることに加えて、購入や申し込みといった行動につなげていく点において、セールスライティングに近いテクニックと言えるでしょう。対象となる商材やサービス以外の情報を極力排除して、意図的に情報を限定的なものにしている点などが特徴として挙げられます。

SEOライティングには2つの抑えるべきポイントがある

ユーザーにも検索エンジンにも優しいことが重要ポイント

優れたSEOライティングは、検索エンジンのクローラーから高く評価してもらえます。そのためには、意図的にキーワードを多く使ったりするテクニカルな対策だけでなく、ユーザーにとって有益なコンテンツであることが欠かせません。言い換えると、ユーザーが知りたい情報が的確に網羅されている内容であるかどうかが重要です。他のサイトと同様の内容であったり、検索意図から外れた内容であったりすることは避けなければなりません。
Googleが掲げる「ユーザーファースト」の観点から、読みやすさ、理解しやすさをしっかりと意識しておく必要があります。どんなに専門的な内容であっても、ユーザーにとって分かりにくい内容は高く評価されません。

ユーザーにとって優しいライティングとは

SEOライティングで読みやすさ、分かりやすさを意識する上では、文章の型を知っておくことが有効です。最初に結論を伝える「PREP法」、「PREP法」よりさらにシンプルで情報を整理した「SDS法」、問題の解決策を提示しながら行動を促す「PASONAの法則」などを活用すれば、説得力のあるコピーを書くことが可能です。

検索エンジンにとって優しいライティングとは

ユーザーへの意識と同様に、現在のGoogleの検索アルゴリズムを正しく理解し、クローラーにとって最適化された文章であることも欠かせません。例えば、検索結果に表示される文字数内で伝えたい内容がある程度伝わるように文字数を少なくするなどが一例です。「大見出し」「中見出し」「小見出し」といった構造を上手く使って、クローラーが重視する部分にキーワードを含める方法も非常に有効に機能します。クローラーの特徴を理解した上で文章構成を考えてみてください。

■ユーザーファーストを徹底する「Googleが掲げる10の事実」

検索結果が商品であるGoogleには重要なポリシーがある

SEOライティングとは、ユーザーと検索エンジンの双方に優しい文章を書くことです。検索クローラーにとって最適化された構造や文章にすることは、一見テクニカルな施策のように感じられますが、実はこれもユーザーのための施策であると言えます。なぜならば、クローラーが高く評価するWebサイト・ページは、ユーザーにとって有益なWebサイト・ページであるかどうかを基本軸として判断されているからです。
SEOライティングを学ぶ上で必ず押さえておきたいのが、「Googleが掲げる10の事実」です。ユーザーの利便性を第一に考えるGoogleのスタンスを取り入れることが、優れたSEOライティングの第一歩になると言えるでしょう。

ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる

Googleは内部の目標や収益よりも、ユーザーを最も重視することを宣言しています。検索キーワードと無関係な広告の表示や、自然検索による上位表示をお金で買うといった行為をGoogleは非常に嫌います。なぜなら、検索結果の「質」こそが、Googleにとって最も大切な商品だからです。Googleが検索結果の質の高さを担保するからこそ、ユーザーは検索結果に信頼を寄せ、使い続けてくれます。当然、Webサイト・ページ・コンテンツにおいても、ユーザーファーストが徹底されているかを検索エンジンは重視しています。目標の達成や収益は、ユーザーを第一に考えた先についてくるもの、という考え・理念を理解しておきましょう。

遅いより速いほうがいい

検索エンジンにおけるユーザーの利便性では、表示スピードが非常に重要です。Googleでは、検索ユーザーが必要とする情報をWeb検索で瞬時に提供できるよう、常にスピードアップを目指して努力しています。表示スピードと同様に、コンテンツに対しても理解するまでのスピードが速いことが重要となるため、分かりやすさ・理解しやすさが上位表示の評価基準にもなっているのです。

情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない

主要デバイスがPCからモバイルへと移行した現在、Googleはモバイルフレンドリーであることがコンテンツ提供者に求めています。モバイル環境での閲覧を無視して、画像データが重くなっていたり、スマホの画面では文字が小さくて読めなくなっていたりしませんか?ユーザーがストレスを感じるようなサイトを検索エンジンは高く評価しません。コピーライティングも同様です。スマートフォンでの検索・閲覧に最適化されたページを用意し、ユーザー満足度の向上を図ることが求められています。

悪事を働かなくてもお金は稼げる

検索結果ページには、その内容と関連性のない広告の掲載を認めないのがGoogleのスタンスです。Google が検索結果のランクに手を加え、パートナーサイトの順位を高めるようなことはありません。SEOライティングでも、検索キーワードとは関係のない情報に導くミスリードを意図的に行ったり、不必要なリンクを貼るような行為は絶対に避けなければなりません。検索ユーザーに不利益になるページ・コンテンツは、ペナルティの対象となります。あくまでも、ユーザーにとって有益なコンテンツであることが、SEOライティングの基本です。

■SEOライティングで上位表示を狙うには?

検索キーワードに対する答えをライティングする

ここでは、SEOライティングで押さえるべき基本について触れておきます。ライティング内容を考える際の基本は「知りたいことがすぐに知れる」かどうかです。検索キーワー    ドとの関連性、検索ユーザーの意図を理解したライティングであることが、ユーザーとクローラーから高く評価されるコンテンツとなります。また、見出しと内容を一致させるなどの工夫も欠かせません。ユーザーは最初に見出しを見て内容を想定し、詳細な文章へと目を通していくため、不一致は混乱を招く要因になります。さらに「この」「その」「あれ」といった指示語は極力さけるのがベターです。指示語の多用は分かりにくいだけでなく、検索される可能性が下がるデメリットもあります。文章内容を工夫することで、読みやすいコピーに仕上げてください。

テキスト位置を意識したライティング

検索エンジンは、テキスト内の重要要素を一定の規則のもとで判断しています。1:タイ
トル→2:見出し→3:本文の順序となり、順序を意識してキーワードを含めると良いでしょう。検索キーワードと関連性の高いワードや訴求したい内容を含むワードを優先的に使用して、検索に強い文章になるよう最適化を図るのが基本です。

HTMLマークアップとパーマリンク

HTMLマークアップとは、Webサイトの文章を構造化する作業です。具体的には、マークアップ言語であるHTMLを使ってファイルにソースコードを記述することを言い、見出しやリンクの位置が判断しやすくなるメリットがあります。見た目に分かりやすいユーザビリティの向上が図れると同時に、クローラーもページ内容を正しく判断・評価できるようになるため、ぜひ押さえておきたい施策です。同様の効果が期待できるものに、パーマリンクがあります。ページ1つひとつに個別のURLを与えることを言い、ユーザーがパーマリンクを見た時に、記事内容が一目で理解できるようにするのが目的です。IDのような意味が分からない英数文字の羅列ではなく、「seo-writing」のように意味のある単語を使用してURLを構成します。Googleが奨励するパーマリンクは、SEO施策としても有効であると考えらえています。

■まとめ

SEOの観点から考える良いコンテンツとは、ユーザーが最も満足するコンテンツを提供することです。SEOライティングでは、常にユーザーに焦点を絞り、検索キーワードに対する答えとなるライティングを意識しましょう。また、検索エンジンにとって分かりやすいライティングであることも忘れてはいけません。クローラーが認識しやすいよう最適化されたライティングであることもぜひ意識してください。質の高いコンテンツを高く評価するGoogleの姿勢は、今後さらに重視される傾向にあると考えられます。「もし自分が検索ユーザーなら」という視点で物事をとらえて、ユーザーの役に立つコンテンツづくりに取り組んでいってください。

関連記事